利久スタッフブログ

【お振袖】ご来店下さいました♪【紫系】

2014年2月3日

こんにちは!きもの利久です。
今日は節分!豆撒き!その事しか書いてませんね(笑)
先日テレビで“豆まき”と書くと、豆を田畑にまくのか、それとも豆を放り投げるのか、
情景が見えないので節分の豆まきは“豆撒き”で表現しなさいよ。と、ある先生が仰っていました。
あーなるほど。と思いながら見ていました。
“豆撒き”と言う一つの言葉で節分とも立春とも取れる季語だと言う事。
日本語は奥が深いですね……ここまでは短歌の話なのですが。

さて、この話の続きは後回しにして、お振袖のお嬢様ですラブラブラブラブ

Mちゃん
お客様写真お客様写真
地は薄紫色のお振袖ですが、裾に向けて紫が濃くなっていてとっても綺麗!!!!
柄の入り方も豪華で思わず見とれちゃいますドキドキドキドキ
ブログ用撮影・掲載許可ありがとうございました。

冒頭の話の続きになりますが、
他の言葉に訳す事のできない微妙なニュアンスの言葉が日本語には多く、人によって捉え方も様々ですよね。
お着物のお色もそうなのです。

例えば青だと……
原色の青濃い青薄い青淡い青グリーンに近い青紺に近い青グレーのような青等、様々な青があります。
表現も曖昧ですよね。実際数人で見ていても、人によって感じ方が違います。

自分で写メを撮っても出にくい色や表現されにくい色があります。
お着物の染めの元の色が出てきて、見た目は茶色でも写真に撮ると紫に写ったり…。
なのでお着物は実際に見なければ口答や文章では色柄の表現がしにくいのです。

きもの利久での前撮り撮影は、そんな複雑な色味を忠実に出せる環境のスタジオで行いますので、自信を持って撮影させて頂いております。前撮り撮影のご予約日は早い者勝ちです!

お振袖を迷いのお嬢様、沢山の色があるきもの利久にご来店くださいませ。
ご家族様も、是非ともお着物をご覧に、ご来店くださいませ!
沢山並ぶお振袖の色に、まずは目から楽しむ事ができますよラブラブラブラブ

きもの利久のHPはこちら

—–